親孝行の秘訣~海外在住者版~

※この記事は2010年から2014まで北米報知紙上で連載されていたコラムを再掲載したものです)

親を日本に置いての海外生活で辛いことの中に、年老いていく親に親孝行ができない、病気になったときに介護ができない、死に目に遭えない、などがあります。それができないのは、遠い海外に住んでいるから身軽に身動きができない、というのがもっとも大きな理由です。子供が高校や大学なのでお金がかかる、夫や子供を置いてひとりでは帰国できない、専業主婦なので稼いでいないのでそうそう日本には帰れない、仕事が忙しく休めない、グリーンカードの申請中で国外に出ることができない、元々親との関係はあまり良くない、きょうだいとの関係が悪い、など、ほかにも親孝行できない理由は様々です。

しかし、日本で親が亡くなり、その前後で十分なことができなかった人たちには、「ああしておけばよかった」「これを言っておきたかった」というような後悔が多いのも事実です。一番辛いのは、「しようと思えばできたのに、しなかったこと」です。そのために、がっくりきてしまったり、うつになってしまう人もいるのです。

海外で暮らす日本人は、親孝行をどう考え、どうすればいいのでしょうか。日本の親との問題でカウンセリングに来る人たちに、「何でもできるとしたら、何を親にしてあげたいですか?」と聞くと、「元気なうちにどこかに行ってあげたい」「好きなものを作って、肩でももんであげたい」「病院に一緒に連れて行ってあげたい」「看病してあげたい」などが出てきます。親といい関係を持てなかった人は、「死ぬ前にわかり合いたい」「普通の親子関係になりたい」と言います。

次のページ『受身ではなく能動に対処』

角谷紀誉子

投稿者: 角谷紀誉子

ワシントン州認定ソーシャルワーカー。サクセス・アブロード・カウンセリング代表。勉強、仕事、または結婚でアメリカに住む日本人を助けることに使命を感じる。JSSNでは、同じ使命を持ったやる気にあふれた人たちと共に活動をすることが喜びで、自分自身の成長にもつながっている。代表。勉強、仕事、または結婚でアメリカに住む日本人を助けることに使命を感じる。