セミナー

セミナー
『女性サポートセミナー・アメリカでのDVや離婚への対応について』

当セミナーではシアトル、ベルビュー近郊にお住いの日系人の方々を対象に、DVや離婚の危機が訪れた際の対応について、三人の専門家にお話ししていただきました。

セミナーの内容と講師:(プレゼン及び質疑応答はすべて日本語です)

釜野信也 (Consul, Consulate-General of Japan in Seattle / 在シアトル日本国総領事館領事) 子供のいる国際結婚をした夫婦が離婚する際、ハーグ条約について理解しておかなければ問題になる場合もあります。条約の概要および、日本人の皆様に留意していただきたい点を、今までの事例を交えながらご紹介いただきました。(当日の資料は非公開です。外務省ハーグ条約関連情報はこちら

戸村みゆき, PhD (Clinical Psychologist / 臨床心理士) 既婚者にとって離婚は最後の選択肢。離婚の危機は同時に人生の転換期でもあります。離婚という一大事を乗り切り、その後の人生を成功に導くための心の健康管理のヒントとコミュニケーションの技術をご紹介いただきました。

ロバートソン・泰子 (Domestic Violence Intervention Specialist / DV スペシャリスト) 家庭内暴力は、学歴、経済状態、人種に関係無く、誰にでも起こりうる可能性があります。実際に問題に直面してしまった場合、または友人知人に相談された時、どの様な対処法があるか、DVが原因で離婚をファイルする場合などについてお話しいただきました。

イベントのフライヤーはこちら